タイプ

お酒の肴にチーズが相性抜群

お酒とチーズの相性は良いといわれています。
それはどちらも同じ発酵食品のためです。
相性の良い組み合わせは様々ありますが、特にワインとの組み合わせはよく目にするものです。

ワインにはタンニンという渋み成分が含まれています。
これらに含まれているタンパク質は他の食材に比べ素早く口に溶け込みます。
このたんぱく質がワインのタンニンに溶け込むことでワインの渋みが和らげられ、まろやかな味わいになります。

また、チーズの油分はワインの渋みや酸を和らげるとも言われています。
そのためこの二つの相性が良いといわれるのです。
また、チーズはビール、日本酒、焼酎にもよく合います。

ビールにはその苦さに合わせた苦みのあるチーズ、ほどよい塩味と独特の風味のあるウォッシュタイプ、クリーミーな後味のチーズなどが良く合います。
日本酒は意外にもどんなチーズにも合うと言われていいます。
発泡系の日本酒にはフレッシュなモッツァレラ、大吟醸に青カビタイプを合わせればクセが緩和され、バランス良い味わいになります。

また、焼酎には塩気があり、旨味の強いものがよく合う為、熟成されたハードタイプがよく合います。
以上のようにお酒にはチーズがよく合います。
お酒によって相性の良いチーズは様々なので相性の良いものどうしを組み合わせることでよりおいしくお酒を楽しむことが出来るでしょう。
チーズなどの発酵食品には乳酸菌http://xn--fkqz7hh16cemc8ty.com/が含まれているため、適量を摂ることで美容や健康を維持するのに役立ちます。
お酒もチーズも適量を摂り体調管理していきましょう。 ※参考:チーズの種類
※参考:二日酔いとチーズ

このページの先頭へ