タイプ

チーズの栄養成分について

チーズにはカルシウム、タンパク質、ビタミンA・B、鉄分などの栄養がたっぷりと含まれています。
栄養価が高いためカロリーと脂質も多く含まれていますが、とてもバランスの整った栄養素で構成されているのです。
まず、脂質を燃焼させるビタミンB2が豊富な為、エネルギー代謝を活発になる効果があり、免疫機能を活性化させるビタミンAも含んでいます。
※参考:栄養価が特に高いチーズの特徴

そしてタンパク質が多く含まれています。
これは牛肉よりも多く含まれていて、タ体内で分解されてアミノ酸になります。
このアミノ酸は大豆よりもバランスが良いもので、体内に吸収されやすいことが特徴です。

そしてタンパク質はカルシウムを吸収しやすくする効果があり、チーズに含まれた豊富なカルシウムを身体に負担なく体内に取り入れることが出来ます。
そもそも、チーズに含まれるカルシウムはチーズを作る工程の発酵の段階で消化に近い状態に変化するため、より吸収されやすい成分になっているのです。
また、発酵食品特有の乳酸菌も多く含まれており、重要な役割を果たします。
※参考:カルシウムがたくさん入ったチーズ

乳酸菌は熟成が進むごとにグルタミン酸を生み出し、お腹の中で善玉菌を活性化させ、便秘や肌荒れを改善します。
このようにチーズには体内の働きを整える重要な成分が多く含まれています。
しかし、チーズにはビタミンCを含まれていない為、これだけは野菜などと一緒に摂取する必要があります。


このページの先頭へ