タイプ

生のチーズと加熱したチーズの栄養価

チーズを加熱した場合、栄養価の変化はナチュラルチーズかプロセスチーズかによって栄養価の変化の有無が異なります。
まず、ナチュラルは加熱前後での栄養の変化があります。
加熱前の栄養価が高いといえます。

これは製造工程のうちに発酵させる工程があり、乳酸菌や酵素を発酵させて熟成するため、非加熱のまま食べても乳酸菌などを生きたまま摂取することができます。
乳酸菌だけでなく、発酵する際に増えた菌から生じた栄養素も接種できます。
ところが、これを加熱すると乳酸菌は殺菌されてしまい、加熱前に含まれていた栄養素がなくなってしまうのです。

また、プロセスチーズはナチュラルチーズを溶かし、数種類を混ぜ合わせたものである為、製造工程のうちに乳酸菌などの菌は死滅しています。
もともと殺菌されたものを混合させたのですから、加熱後も菌は増えず、減りもしない為、加熱前後での栄養の変化はないと言えます。
ゆえに、プロセスチーズの場合は加熱前後の栄養価の違いはありません。

ナチュラルチーズは加熱しない限り乳酸菌や酵素が生きており、熟成し続けるため、栄養が凝縮され続けます。
そのため、より高い栄養を摂取したいのであればナチュラルチーズを加熱せずに食べる必要があります。
※参考:チーズと相性の良い食べ物
※参考:チーズの栄養成分

このページの先頭へ