タイプ

成長期の子供には毎日チーズが快適

成長期の子供にはチーズを積極的に摂取させるべきです。
チーズにはカルシウム、タンパク質、ビタミン、カルシウムなど栄養が豊富であり、成長期に必要な栄養を補うことができる食品です。
特に成長期に必要になるカルシウムはチーズにたっぷりと含まれており、10歳から11歳の子供が1日に摂取すべきカルシウム量の722mgを補うにはチーズのカルシウムが欠かせません。

日本では外国に比べ乳製品の摂取量が少なく、カルシウム摂取量は不足しがちだといわれています。
成長を促し、骨粗しょう症の予防、また成長期にはカルシウムが常に不足状態に陥りやすく、精神不安定やホルモンバランスの乱れも起きやすくなるため、カルシウムは積極的に摂取すべきです。
また、チーズに含まれるたんぱく質も成長期の子供には必須の栄養です。

タンパク質は筋肉や皮膚、骨、血液など身体のほとんどの部分をつくる源となり、身長を伸ばすことにも欠かせない栄養です。
タンパク質はホルモンの原料となり、成長ホルモンを作り出します。
このホルモンは食品からでないと作り出せず、タンパク質が豊富なチーズは成長ホルモンの合成に役立つ食品です。
チーズにはカルシウム、タンパク質という成長期に特に必要になる栄養素が豊富であるため、成長期の子供は毎日摂取することが望ましいといえます。
※参考:カルシウムが豊かなチーズ
※参考:栄養価が特に高いチーズの種類・特徴

このページの先頭へ