タイプ

脂肪燃焼をさせるチーズについて

チーズには脂肪を燃焼させる効果があります。
それはビタミンB2であり、これが豊富であるほど脂肪を燃焼しやすくします。
チーズはどれもビタミンB2が豊富で、脂肪を燃焼しやすい食品といえます。

そもそも、ビタミンB2は成長を促進させるビタミンで、細胞を再生させ、エネルギー代謝を促進します。
脂肪がビタミンB2により代謝されると、皮膚や髪の毛など体を作りだします。
ビタミンB2が不足していると、脂肪が代謝されず、そのまま体内に蓄積されてしまいます。

そのため、ビタミンB2が豊富なチーズは脂肪燃焼に効果的なのです。
また、チーズには脂肪、タンパク質、カルシウムなどさまざまな栄養素が含まれています。
これらの栄養素はチーズの製造工程のなかで乳酸菌や酵素が働きかけ、体内に吸収されやすい形に変わるのでチーズに含まれている脂肪は代謝、燃焼しやすいといえます。

ゆえに、これらは脂肪燃焼を促進するビタミンB2が豊富である上に、含まれる栄養素も燃焼されやすい形でるため、チーズそのものが脂肪燃焼をしやすいといえます。
特に、パルメザンはビタミンB2含有量が多く、100g当たり0.68㎎が含まれており、カマンベールは次いで0.48㎎ふくまれています。
比較的含有量が少ないのは、熟成の工程のないカッテージであり、その量は0.15㎎とカマンベールの半分以下です。
ビタミンB2を多く含むチーズを選んで摂取する事は脂肪燃焼に効果的です。
※参考:カロリーが気にならないチーズ
※参考:チーズとダイエットについて

このページの先頭へ