タイプ

スモークされているチーズの栄養価

チーズをスモークすることで、チーズの中のアミノ酸などの成分が増す変化があります。
スモークすると水分と脂質が減り、塩分や旨味が凝縮されるので、栄養成分に変化があるといえます。
栄養価の他にスモークチーズは煙で燻すことで、保存性が高まり風味と旨味が増す変化があります。

これらを燻す煙にはカルボニル化合物、フェノール化合分、有機酸などが含まれます。
カルボニル化合物はチーズの保存性を高め、特有の香りをつけ、アミノ酸と反応し色を変化させます。
また、有機酸は抗菌作用があり、雑菌を取り除いて保存に適した状態にします。

このように、スモークチーズは燻製することで煙がアミノ酸を変化させ旨味が増し、栄養価を凝縮させたチーズです。
栄養価だけでなくカロリーも高く、脂質も含まれていると言われますが、脂肪を燃やす効果のある成分も含んでいます。
それは、ビタミンB2です。
ビタミンB2は脂質を燃焼させる働きを持つため、チーズに含まれる脂質をきちんと燃焼してくれるのです。
スモークで得られる成分の変化は水分量の減少、脂質の減少、旨味のもととなるアミノ酸の増加があり、香りと保存性も上がり、それらによりスモークチーズ特有の風味と旨味が作られるのです。
※参考:チーズの栄養
※参考:栄養が豊富なチーズ

このページの先頭へ