タイプ

山羊チーズと牛チーズの違い

日本では山羊チーズよりも牛乳で作られたチーズのほうが一般的です。
山羊チーズはシェーブルと言われ、食感がやわらかく酸味のある独特の風味があると言われています。
山羊乳は春から夏にかけて搾乳されるため、この時期がシェーブルの旬であり生産時期となります。

牛のチーズと製造方法はほぼ同じですが、シェーブルは乾燥熟成が多く、牛のものに比べ色が白くなります。
シェーブルと牛チーズの違いはその独特な風味と色、熟成方法だけでなく、成分にも多少の違いがあります。
タンパク質と脂肪に違いがあり、タンパク質が違うことで牛乳アレルギーを持つ方も山羊乳であればアレルギー反応を起こさない場合があります。

また、脂肪に関して山羊乳は脂肪球が小さい為、牛乳によいも消化吸収しやすく低脂肪です。
また、シェーブルは黒い炭をつけて熟成させたものや、白カビをつけたものなどがありますが、牛乳から作られるチーズには7タイプの種類があり、シェーブルには牛チーズほどの種類の豊富さはありません。
また、シェーブルは牛チーズに比べ初心者むけではないと言われていますが、山羊乳は母乳の成分に最も近いといわれ、フランスで離乳食に使われるほど体に優しいといわれています。
栄養豊富で脂肪が少なく、消化吸収しやすいため、近年ではシェーブルも注目されています。
※参考:溶けやすいチーズ
※参考:生と加熱したチーズの栄養

このページの先頭へ